slc01 slc02 slc03
slc04 トップページ 個人情報保護 お問い合わせ 会社概要 使用情報 slc05
slc06
HOME >用語解説
 商品案内

  ホームページ

  自費出版

  DTP

  パンフレット

  チラシ

  名刺

  帳票(伝票)

  その他商品案内

 自費出版

  本づくりのポイント

  本ができるまでの流れ

  自費出版基礎知識

  料金表

  著者の声

  見積りフォーム

  自費出版実績

  書籍販売

 一粒社について

  会社概要

  社長挨拶

  設備のご紹介

  採用情報

 困ったらこちらへ

  用語解説

  入稿時の注意点

  Q&A

  お問い合せ




 用語解説


ISBN(アイ・エス・ビー・エヌ)
 

International Standard Book Numberの略。1971年に国際標準化機構規格に制定された、国際的な書籍コードのこと。現在、多くの書籍にはこの番号がついている。


赤字(あかじ)
  校正の時に書き込む修正の指示。

色校正(いろこうせい)
  印刷前に刷り見本をチェックすること。

奥付(おくづけ)
  発行に関して記載したページのこと。書名、著者名、出版社名、印刷所名、発行年月日、ISBNなどを記す。

帯(おび)
  本についてのキャッチコピーなどが刷られた帯状の紙。表紙の一部分(通常は一番下)を覆うように巻く。

解像度(かいぞうど)
  デジタル画像のきめ細かさのことで、1インチあたりの点の数。単位は「dpi」を使う。 カラー写真などは原寸で350dpi、2階調画像(白黒で表現されている画像)は1200dpi必要です。

階調(かいちょう)
  色の濃淡を表す色の段階のこと。

校正(こうせい)
  原稿と照らし合わせながら間違いをチェックし、修正等を書き込む作業。

小口(こぐち)
  背以外の切断面のこと。しかし一般的に、背と反対側の部分を小口、上を天、下を地という。

ゴシック体(ごしっくたい)
 

角張っていて線幅が均一なフォントの総称。


CTP(シー・ティー・ピー)
 

ページレイアウトソフトなどで作成したデータから直接、刷版を焼き付ける方法(Computer To Plate)。


トンボ(とんぼ)
 

折り、断裁、製本、印刷のための指標。一般に印刷する場合は、仕上がり寸法より少し大きめの紙に刷り、あとでトンボを利用して、断裁、製本して仕上げる。


中扉(なかとびら)
 

本文中に挿入される扉(丁)のこと。編、章、付録などの冒頭に入る。


入稿(にゅうこう)
  原稿を、出版社、印刷所に持ち込むこと。または、編集者またはデザイナーが、組版部門に指定とともに原稿を入れること。

ノンブル(のんぶる)
  頁の順序を示す数字。頁番号。

本扉(ほんとびら)
  書籍の冒頭の扉(丁)のこと。書名、著者名、出版社名などを記す。

のど(のど)
  中身が背に接する部分。

ヘッダー (へっだー)
  各ページの上部余白に入れるページ番号や日付などのこと。

フッター (ふったー)
  各ページの下部余白に入れるページ番号、日付などのこと。

見返し(みかえし)
  表紙の裏側に貼り付ける紙のこと。本文と表紙を結合する役目がある。

明朝体(みんちょうたい)
 

縦線が横線より太く、払いやはねが顕著に表現されているフォントの総称。


無線綴じ(むせんとじ)
  糸や針金を使わずに、 二つに折った用紙を重ね背見出し側からのりづけする製本方法。

面付け(めんつけ)
  印刷や製本を効率良く行う為の作業で、折りごとに各ページがページ順に正しく並ぶよう規則的に配置する作業。

落丁(らくちょう)
  折り丁が抜け落ちた状態で製本されていること。

乱丁(らんちょう)
  折り丁が正しい順番に並んでいない状態で製本されていること。

ルビ(るび)
  ふりがなのこと。漢字や、特殊な読み方の文字に用いる。


有限会社 一粒社(イチリュウシャ) 愛知県半田市有楽町7-148-1 TEL:0569-21-2130 FAX:0569-22-3744
foot トップページへ